<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

bonne volonte(ボンボランテ)

薪で焼くパン
店には薪が積んである
中央には大きな釜があって少し木の焼けるにおいがする

バケットとライ麦パンと、他いくつかのパンを買いました
食パンは売り切れていて残念
とてもおいしいです

ここのパンは香りが違います
ほんのりと甘いのです
帰りの車の中にしあわせな香りがします

a0072084_15452590.jpg


bonne volonte
[PR]
by hop-snap | 2008-01-16 15:51 | おいしい

ブション (Le Bouchon)

京都寺町二条のある「ブション」に久しぶりにいってきました

a0072084_1592188.jpg
オマールエビのテリーヌ

a0072084_1593926.jpg
ホロホロ鶏のモモのグリル

a0072084_1595391.jpg
リンゴのタルト

a0072084_20722.jpg
カフェオーレ


味が薄めで、なんか安心できるおいしさですね
堅苦しい感じではないので、ゆったりとできます
ランチではなくて、ちょっと贅沢をして、料理とデザートで¥2500

ブション(Le Bouchon)
京都府京都市中京区寺町通り二条榎木町71-1 グランデヴェラ1F
TEL:075-211-5220
[PR]
by hop-snap | 2008-01-10 02:11 | おいしい

玉村方久斗

京都近代美術館で玉村方久斗展
お向かいの日展は大盛況なのだが、こちらは全体で数名ていど
ゆっくりというよりは、さみしいくらい

a0072084_1275468.jpg


玉村方久斗というひとは、エッセイスト・玉村豊男さんの父らしい
いつもの事だが、あまり予備知識無く

この人は線がとてもよいです
人物画はどこかいびつな感じがあり、
それがこのひとの味になっていて、それが孤高な感じです。
対して風景や静物になると、バランスがすばらしい
後期になるほどいい感じです
竹を書いた屏風があってとても良かったです

省略がとても良いので
見ていて疲れません
たぶん、見続けることのできる疲れない絵

力の抜けた絵でした
それは、悪い意味ではなくて良い意味で
好みの分かれるところなのでしょうね
強いパンチはありませんが、じわっと「ああ良いわぁ」という感じ


この先も秋野不矩・下村良之助と京都の近美は目が離せません
[PR]
by hop-snap | 2008-01-10 01:53 | アートを見る

オー・プティ・ピエ

オー・プティ・ピエ
が閉店していました。

残念です。
[PR]
by hop-snap | 2008-01-09 02:12 | おいしい

鏑木清方(かぶらき きよかた)

a0072084_051511.jpg
JR伊勢丹で開催中の
鏑木清方の芸術展にいってきました
会期は2008年1月2日(水)〜27日(日)と長いのですが
行こうと思っても予定が入っていけないこともあり
正月休みを利用して人混みをかき分け行ってきました
ギャラリーはガランとすいていて気持ちよく見ることが出来ました

たくさん展示されていましたが、気に入ったのは
「朝涼」 左写真

これはすごいです
なんて言うんだろ
すごいオーラが出ていて
妖艶な部分があるのに、清楚なのですよ
かなり矛盾な感じですが、鳥肌立つほどよかったです
構図とか色とか、そういうことは分かりませんが
とにかく良かった

これだけ見ただけでも大満足でした
[PR]
by hop-snap | 2008-01-03 01:07 | アートを見る