カテゴリ:アートを見る( 51 )

飯田和美展てくてく

ふらっと立ち寄ったCOCOROOMで
なにやら、作品展の様子でした

この手の前衛作品は得てしてつまんないモノが多いのですが、ちょっといい感じです

すごく安かったら、うちのトイレに飾りたいと思ってしまった
(どうしてリビングとかではないのかというと、他に飾る場所がないからです)
サイズもちいさくて、色使いもかわいい

抽象を描いている人ってちゃんとデッサンできてるんだろうか?って思うことが多い
要約するまえのモノにしっかりとした下地が見えてこないと
ほんと、
全然わかんない感じになってしまう、
とくに私のようなアート初心者に分かるもの描いて欲しい
というか、好みのモノになかなか出会えませんa0072084_0212027.jpg
[PR]
by hop-snap | 2007-06-13 23:59 | アートを見る

片山雅美 作陶展

毎年、作陶展があるたびにDMが送られてきて
そのたびに
東山のギャラリーwadaにでかけている

片山さんの作品って、どこか女性的な感じ
あ、でも
ちゃんとした、かっこいいおじさんです

色がね、朱というか、赤っていうか、煉瓦色っていうか
このところ、とくに良くなっていると思う
小さな陶片が差し込まれていたりとか
遊び心がとてもいいです

あ、これいいなぁ
と思う小皿があったのですけれど、
経済的理由でこんどもパス
いつも見に行くだけで申し訳ないです
a0072084_193365.jpg

[PR]
by hop-snap | 2007-05-16 01:01 | アートを見る

福田平八郎

京都の近代美術館に行ってきました

福田平八郎展
京都の近美は京都に関わりのある日本画家が多いこともあってか
日本画のいいのをたくさん持っています

私の好みは、徳岡神泉、小野竹喬、川端龍子等々
何でもかんでもという感じで
見て感じるかどうかを試しにいく、というか
鳥肌が立つようなのに出会いたいと思ってでかけます
今回の作品群も、私にとってはおなじみなものが多かったけど
作品自体は楽しめました

このところの「日本に京都があってよかった」のポスターが
京都近代美術館の常設展示室のエントランスから見える平安神宮の大鳥居で
いつものお気に入りの風景に今日は雨が降っていい雰囲気になっていて
常設展示に徳岡神泉の「蕪」があって
須田国太郎の「卓上」が抜群によくて、しばらくながめていました

a0072084_0591695.jpg
[PR]
by hop-snap | 2007-05-09 00:36 | アートを見る

村田茂樹 素描

京都三条堀川西イルのギャラリー「アーティスロング」へ

村田茂樹さんは、日本のアンドリューワイレス
(言い過ぎかもしれないかな?でも、色と描写が緻密で濃厚で日常的なモチーフ)

の素描なので

完成品を見ていないので「?」でした
でもこのデッサンは、すごい

ファイルで完成品の写真を見せてもらって納得
a0072084_1172860.jpg

[PR]
by hop-snap | 2007-04-18 01:10 | アートを見る

衝動買いな日

知り合いのUさんのグループ展があり、京都文化博物館へ

ココのグループ展はいつもレベルが高いので楽しみでしたが
やっぱり、
すごくいいです

写真とか作品とか、猥雑かこととか、日々のいろんな話をして
気がついたら3時間
いや〜楽しいと時間忘れるわ

それと、これは秘密なのですが
版画展の作品を譲ってもらえるらしいので、
値段を聞いて、あまりに安くて、びっくり
「わるいなぁ」とか言いながら、結局7点買ってしまって、
ま、いいか
a0072084_0342295.jpg

じつにしあわせな気分
[PR]
by hop-snap | 2007-04-18 00:35 | アートを見る

ごくたまに ニュートロン

京都 ニュートロンへ
日本人ではない京都の風景写真
掛け軸のような縦長な作品
う〜ん
あんまり、なにも感じなくて
ごめん
a0072084_1214841.jpg

[PR]
by hop-snap | 2007-03-07 01:21 | アートを見る

くぼまり展

くぼまり展を見に行きました

DMだけではどんなものか分からず、ま
あまりに天気が良くて、秋空がきれいだったので
自転車で
銀閣寺そばの「アートライフ・みつはし」まで行ってきました

a0072084_1701913.jpg


写真ではわかりにくいけれど、ステンレスの網を加工したものです
光の反射で見え方が変わるのですが、サイズがでかくて3mほどの高さがある
この手の現代アートは感覚が頼りだけど
この作品はちょっと?
そばにあった別の作品(写真はありません)がとても良い感じでした
黒い網を網タイツのような筒状にしたもの、
なんともエロティックな感じで

編み込んだものって透けてるところが、エロティックなのかもしれないな
そういえばニットとかもそんな感じがありますねぇ
[PR]
by hop-snap | 2006-09-23 17:11 | アートを見る

Croatia

千葉 有紀子さんの写真展
Croatia 
に行ってきました。今までの写真展の中でいちばんまとまりがある感じ
風景はイマイチな感じ、人物やスナップは空気感が出てきて
ダメなプロよりもまとまってきています

a0072084_1794068.jpg
 


 AMSのギャラリーのとなりでは、信州の風景の出版記念写真展。
風景写真としては詰めが甘く、もうほんの少しがんばりましょうっていう感じ
風景写真は、完成された美をめざすものなのでバランスが命なのです。

 6×4.5 のフィルムフォーマットで濃度のある仕上がりなのですが
私としては、4×5サイズとか8×10とか もっと大きいフォーマットで見たかった

35mmのデジカメ一眼や高解像度プリンターの出現でフィルムを使った写真は、
情報量の圧倒的に多い写真でしか生き残っていけないような気がする
写真の本来の美しさは、そういう説得力なのかもしれない
と、
考えさせられた

そんなこと言いつつ、自分の写真はいつも中途半端な仕上がりで
最近はからくち批評ばかりの気がする。
[PR]
by hop-snap | 2006-09-18 17:10 | アートを見る

梅田彩華 写真展

a0072084_22553325.jpg


梅田彩華さんの写真展に行ってきました
掲載写真は展示作品とは違いますが和紙に感光エマルジョンを塗って現像する手法の作品

明るい日差しを受けた海辺の写真とか、人物とか、水中写真とか
とにかく夏のまぶしいくらいの光を感じる作品群

私の好みは、濃厚な直球勝負な写真なので
手法はうまいと思うのだけれど
私の好みと違ってハイキー調なモノクロ写真でうまくコメントできず
だって、テクニックをほめても仕方ないし
自分の思うことをねじ曲げて伝えてもおたがいよろしくないでしょ

会場の京都百万遍の「屯風」はアート系の人たちのたまり場といった風情で
あやかさんとひさしぶりに会ってちょっとホッこりして写真の話で盛り上がり
Sajyさんのおいしいケーキもあっておかわりしたり
かなりゆっくりとすごせました
[PR]
by hop-snap | 2006-07-30 22:52 | アートを見る

初夏の花

蜷川実花 風
非常に高い色の濃度とコントラスト

a0072084_026516.jpg


ドクダミは地味な初夏の花、じつはあじさいよりもドクダミが好き
[PR]
by hop-snap | 2006-06-17 00:39 | アートを見る