エミリー・ウングワレー展

エミリー・ウングワレー展
2008年2月26日(火)〜4月13日(日) 
大阪中之島の国立国際美術館に行ってきました

a0072084_1341098.jpg


京都の近代美術館でフライヤーを見て気になっていたので、
時間がある内にと思ってでかけました

思っていたサイズではなくて
どでかいです
メートル単位の作品群
私は、後期作品よりも初期作品の方が好き

抽象作品には「?」が付くものが多い中
彼女の作品ではグッとくるモノがありました
「?」の作品もありましたが
いいな、と思う作品は、自然というか、大地というか、
紅葉の山を見るような
マクロレンズで地表を覗くような
種子のような地衣のような
そんな、地球の一部(でも、決して海ではない)を感じました
a0072084_1571672.jpg



抽象(この言い方は間違っているかもしれないです)の作家として
このひとに勝るのは難しいかな
ピカソのような技巧ではなく、天衣無縫な素直な感じ
この人は持ち味は天性のもの、自然の摂理を感じる厚みあるものでした
[PR]
by hop-snap | 2008-03-01 01:58 | アートを見る
<< 河鍋暁斎 没後120年記念 絵... ラ・トォルトゥーガ >>