木村伊兵衛

京都の祇園にある美術館「何必館」に行ってきました
ここは、いつも人が少なくて集中しやすくて見やすい美術館です

木村伊兵衛は非常に有名な写真家ですが、
その眼差しの向かうところは社会問題とか時事ではなくて
もっと日常的なこと
そして、その写真もカメラの存在を感じさせない自然なもの
安定しているというか、時代を経ても古くならないというか
見ていて気持ちがいい写真
ごく普通の日常の写真
日々、日常のすばらしさを再認識する いい写真展でした

a0072084_1254998.jpg


何必館は5階に茶室があり
大きな窓があり
そして、空に通じた庭があり
ここには、いつも時間と空間に余裕があります

何必館
[PR]
by hop-snap | 2007-11-22 01:41 | アートを見る
<< パンズ・ラビリンス 比叡山、今年の初雪 >>