今森光彦写真展「里山」 大丸ミュージアムKYOTO

今森光彦写真展「里山」
a0072084_152276.jpg


京都から滋賀へ途中越で向かって横道にそれると、
それほど遠くないところに滋賀県の仰木の里があります
10年ほど前に、何かのイベントで話を聞く機会があり
まだまだ、自然が残っていますよ。と語られていたのが印象的でした

何かの撮影で、クヌギにカブトムシが来ているのを撮影した写真で
「今森さん、この写真やり過ぎでしょう、無理に付けたらダメですよ」と
編集の人に言われたらしい。
マキノは椎茸のホダギ(これがカブトムシの好きなクヌギの木)を捨てるところがあって
そこで、たくさんカブトムシが育っているので、実際にわざとらしいほどいたらしいが
仕方がないので、間引いて撮影したとか

里山は自然と人の共存で出来ていて、何百年もつづいている管理された自然であり
そこで、昆虫や植物も共生しながらバランスがとれている、などなど
今森さん本人も、かなり自然体で、それは写真にも出ている

ライフワークの「里山」のシリーズを見ていると
私には、風景を通して人が見えてくる
人と自然と、大変だけどうまく共生している
そのバランスの美しさ
その自然が好きで、そこで暮らしながら写真を撮り続けていて
生きた時間の重みがあるように思う
里山の風景と、今森さんの生き方が、どこか重なっていて
同じような風景写真をいくら撮っても、その重さに勝てないんだろうな
と、思った写真展

いい写真って何だろうなと、改めて考えさせられた
とても良い写真展でした
[PR]
by hop-snap | 2007-10-03 01:47 | アートを見る
<< 発達障害 めがね >>