めがね

a0072084_1305922.jpg

気になっていた、「めがね」に行ってきました
ココン烏丸の京都シネマ
予告で
もたいまさこの自転車の後ろに小林聡美が乗るシーンがあって、
トランクはどうなるの?
って思ってましたが、映画見たら納得
そういうことだったのね

何も事件は起こらず、何もない映画
静かにながれていく感じ、食べものがおいしそうで
ここで暮らしたら長生きできそうな感じで
とても良い映画でした。

エンディングで大貫妙子の歌が流れるほんの少し前に
ブラックアウトする瞬間があって、なんかグッとくるモノがありました

エンディングの写真を見ていて
「この写真を撮る仕事がもし来たらノーギャラでも行きたい」
「あ〜、この写真を撮りた〜ぃ」
そのような技術も機会も持ち合わせておりませんが、そう思わせる写真に
写真の持っている力も再認識しました
この映画は、映画館でこそふさわしい

めがね公式サイト
[PR]
by hop-snap | 2007-09-27 01:30 | ダンス・舞台・映画
<< 今森光彦写真展「里山」 大丸ミ... ビストロスリージェ >>