Croatia

千葉 有紀子さんの写真展
Croatia 
に行ってきました。今までの写真展の中でいちばんまとまりがある感じ
風景はイマイチな感じ、人物やスナップは空気感が出てきて
ダメなプロよりもまとまってきています

a0072084_1794068.jpg
 


 AMSのギャラリーのとなりでは、信州の風景の出版記念写真展。
風景写真としては詰めが甘く、もうほんの少しがんばりましょうっていう感じ
風景写真は、完成された美をめざすものなのでバランスが命なのです。

 6×4.5 のフィルムフォーマットで濃度のある仕上がりなのですが
私としては、4×5サイズとか8×10とか もっと大きいフォーマットで見たかった

35mmのデジカメ一眼や高解像度プリンターの出現でフィルムを使った写真は、
情報量の圧倒的に多い写真でしか生き残っていけないような気がする
写真の本来の美しさは、そういう説得力なのかもしれない
と、
考えさせられた

そんなこと言いつつ、自分の写真はいつも中途半端な仕上がりで
最近はからくち批評ばかりの気がする。
[PR]
by hop-snap | 2006-09-18 17:10 | アートを見る
<< くぼまり展 大阪はおいしい >>